2014年12月15日

デジタルファブリケーション

選挙速報ばかりでテレビを見る気もしなくて、インターネットで久しぶりに慶応の村井純先生の講演を聞きました。いつもながら先生のお話は夢のある素晴らしい内容でした。デジタルファブリケーションという聞き覚えのない言葉ですが、インターネット×ものづくり=デジタルファブリケーションという構図で、インターネット前提社会では無限のデジタルデータのグローバルな流通と共有でものづくりも劇的に変わります。製造コスト、輸送コスト、販売コストが下がり1個からでも作れる生産技術が確立されてパーソナルファブリケーションが可能になります。必要なものは必要な場所で作れる時代がもうそこまでやってきています。村井先生は世界的なインターネットの第一人者ですが、インターネット前提社会では人間一人一人の個性とか能力とかを非常に重要視して、個人の尊重とヒューマンリソースの活用に情熱を傾けておられます。

posted by 団塊父さん at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック